観光タクシーの種類

みなさんの中で観光タクシーをご存知の方はいらっしゃいますでしょうか。日常的にみなさんが街中で使用している一般のタクシーと同じで利用する際にはお金を支払いますが、一般のタクシーと観光タクシーの違いは、分かりやすく言えば、街中で流しのタクシーではないという点です。観光タクシーはその名前の通り、観光をするためのタクシーという目的を持っている傍ら観光以外で使用する場合も多々あります。今回はそんな観光タクシーの種類についてみなさんにご紹介させていただきます。

観光タクシーの中で最もポピュラーな観光タクシーの一つがジャンボタクシーと呼ばれるタクシーです。ジャンボという名前の通り、一般的に使用されるタクシーの4人乗りではなく、7名から9名前後の人間を乗せることができますので、大人数の利用にとても便利な観光タクシーです。9名乗りのジャンボタクシーは車内がとても広いですが、最大で9名が乗車するとなると補助席を利用することになりますので、その点は予め注意が必要です。また、大人数が乗車することで荷物置きが少なくなるケースも発生します。最大9名が乗車した場合にはトランクケースが3個程度までしか積載できませんので、その点も予め注意しましょう。

そしてジャンボタクシーにはもうワンサイズ小さい観光タクシーもあります。最大乗車人数は7名で、9名乗りのジャンボタクシーよりも人数は劣りますがその分、高品質なシートが装備されていたり、最大人数乗車しても荷物置きも十分に確保されていますので、乗車人数によってジャンボタクシーの中でも種類を選ぶと良いでしょう。

そんなジャンボタクシーですが、利用する際は一体どのような目的で利用するのでしょうか。ジャンボタクシーの主な用途は大人数の旅行時やイベントなどに利用されることが多いです。具体的には3世代のご家族が旅行する際に利用さするケースが多いです。

そして、ジャンボタクシーは観光を目的とした為だけに利用されるわけではありません。観光以外にも企業の研修会の移動に利用されたり、工場見学や視察などビジネスシーンで利用されることも少なくありません。このように観光タクシーの中でも最も乗車人数が多いジャンボタクシーは、様々なシーンで利用される非常に利用価値の高いタクシーとなっています。今までジャンボタクシーを知らなかった方は、ぜひこの機会にジャンボタクシーを利用してみてはいかがでしょうか。